果物

黒ぶどうの王様「巨峰」!通販で買う旬と時期。巨峰の味の特徴は?

たくさんあるぶどうの品種の中でも、巨峰は実の大きさから「ぶどうの王様」とも言われています。

「石原早生」と「センテニアル」の2品種を交配し、1942年に誕生しました。「巨峰」という名は商標名で、実際の正式な品種名は「石原センテニアル」と言います。

濃い紫黒色をしているのが特徴で、果肉は淡い緑色をしています。

しまりがある果肉は甘味が強く、果汁もとても豊富なのが特徴です。

昭和50年以降には「種なし巨峰」の生産も開始されおり、現在では、黒ぶどうの定番品種となっていますが、ぶどうと言えば巨峰と言うくらいに世間一般的に定着しています。

そんなぶどうの王様である巨峰の詳しい情報、通販でのオススメなどを書いてみました。

巨峰の味の特徴。糖度いくつ?

巨峰は1粒の重量が10g〜12g程度の実をしています。実は、房の重量(粒数)と糖度には関連性があり、数が増えすぎると糖度は低下し色は薄くなります。それとは逆に粒数を少なくすると色は濃くなり糖度は高くなりますが、この作業によって生産者の手間が増えてしまい、収穫量が低下してしまいます。ですので、収穫量と味のバランスをしっかりと考慮した条件で栽培が行う必要があります。

一般的に果樹園では、1房を30粒から35粒程度に調整し重さが400g〜450gになるように作られています。粒の数が多すぎた場合には約800gになる場合もあります。味の特徴は、甘みです。口に頬張った瞬間にジューシーで豊富な果汁が口いっぱいに広がります。ぶどうの中でもねっとりとしたとても甘いのが巨峰の味の特徴でもあります。

巨峰の旬の時期はいつから?

巨峰は早くて7月頃から出回り始めます。長ければ11月頃まで出荷が続きます。出荷のピークは9月頃です。7月から巨峰は出荷が開始されますが、山梨県では早く7月頃から出荷開始されます。長野県では、8月下旬ごろから出荷のシーズンを迎えます。

ハウス栽培のぶどうなどもあり、巨峰もハウス栽培物があるのですが、一般的には露地栽培の巨峰が収穫される時期が旬です。山梨県産と長野県産で収穫シーズンは違いますが、一般的には巨峰の旬の時期は、8月から9月にかけてになります。

ぶどうと巨峰は違いがある!?

よく巨峰とぶどうって違うのですか?と質問をされます。皆さんは、巨峰とぶどうの違いってご存知でしょうか?ぶどうなんだから同じでしょ?と思う方もいるかもしれません。ですが大きく違います。実は、巨峰とぶどうには違いがあるんです。

巨峰とぶどうにはそれぞれ品種・産地・味覚や栄養など様々な観点で違いがあります。なかなか普段意識することもないので気にする方は少ないでしょう。正直、明確な違いを説明できるとこも少ないです。それでは、巨峰とぶどうは何が違うのか?説明をしていこうと思います。

まず巨峰とは、ぶどうの1種であります。良くぶどう全般のことを指す人がいるそうですが、そうではありません。巨峰と言う品種のぶどうがあるのです。巨峰とは、ただ単純にぶどうの品種の1種類になります。またアメリカぶどうの1種です。そして「ぶどう」ですが、巨峰またはアメリカぶどう、マスカットやヨーロッパぶどうなど、全てのぶどうの品種を指す時に使う言葉がぶどうです。

巨峰と言うのは、ぶどうの1品種。ぶどうは、全ての品種のぶどうを総称して使う言葉になります。

巨峰の産地 ランキングは?

巨峰の生産地のトップは長野県です。全国の出荷量の約31%を占めています。2位は山梨県です。全体の約25%を占めています。3位は福岡県になります。やはりぶどう王国である長野県と山梨県が1位2位を独占している状態です。

巨峰は、日本人が好むぶどうとして、現在の日本で作られているぶどうの中では最も多く作られています。ぶどうの生産量全体の約35%を占めています。また最近では、種の無い巨峰の栽培も盛んに行われています。種無し巨峰ですが、種が無いと言うだけでとても食べやすくなっています。しかし、種がある巨峰と種が無い巨峰ですと、巨峰自体の甘みも変わってくるそうです。農家も青果市場の人も種がある巨峰の方が甘みが強く美味しいと言っています。

ぶどうの生産で1位は山梨県ですが、ぶどうの品種によっては、長野県が1位の品種も巨峰の様にあります。近年人気が急上昇しているシャインマスカットも長野県が生産量全国1位の品種です。

巨峰 通販 お取り寄せなら長野・山梨がおすすめ

巨峰をインターネット通販などお取り寄せをしたいと思うのでしたら、やはり長野県産か山梨県産の巨峰がおすすめになります。

特に長野県産の巨峰は全国生産量1位を誇ります。長野県内の中でも須坂市や東御市で生産されている巨峰はとても美味しく、8月下旬から9月上旬の収穫の時期になると、全国へ多くの巨峰が長野県から出荷されています。

お取り寄せで巨峰を購入するのでしたら、長野県産の種がある巨峰が甘くておすすめです。

長野県は、その気候が果物を生産するのにとても適している環境をしています。日中は、とても日差しが強く気温がとても暑いです。実は、気温だけでしたら夏などは、東京や埼玉などよりも気温が高い日があります。逆に夜になると、気温がとても下がり涼しく過ごせます。高原がたくさんある長野県特有の現象でしょう。この気温の寒暖差が美味しい果物を育ててくれます。だからこそ、長野県の巨峰もとても美味しく育ってくれるのです。

果物王国長野県産の巨峰、お取り寄せや通販で購入するのにとてもおすすめです。

特に巨峰は長野が美味しい

長野県で生産される「巨峰」は、果肉が大きくて甘みが豊富な品種であり、多くの人に愛されています。

長野県の気候風土が生み出す独特の条件が、巨峰の美味しさを引き立てています。

長野県は涼しい気候と豊富な自然環境が特徴で、これが果物の品質向上に寄与しています。

特に、冬の寒さが果実の糖度を高め、夏の陽光が果肉の瑞々しさを生み出します。

そのため、長野県で栽培された巨峰は、特に甘みが強く、ジューシーで美味しいと評判です。

また、長野県の生産者は品質にこだわり、丁寧に栽培・管理された果実が市場に供給されます。

巨峰の収穫期には、新鮮な果実が地元で直売されることもあり、その美味しさを存分に楽しむことができます。

長野県の風土が育む巨峰は、甘みと風味が豊かで、一度食べるとやみつきになる人も多いです。長野県で生産された巨峰を味わう際には、ぜひその独特の美味しさを楽しんでください

長野県は東御市の巨峰が特にオススメ

長野県東御市でも巨峰の栽培が盛んであり、美味しい巨峰が生産されています。

東御市の気候風土も巨峰の栽培に適しており、新鮮で甘みのある果実が収穫されます。

東御市は長野県の南東部に位置し、標高の高い地域に属しています。四季がはっきりとした気候と、豊かな自然環境が特徴です。

特に夏は日中は暑くなりますが、夜には涼しくなるため、果実の糖度を高める効果があります。

東御市の巨峰栽培は、丹念な栽培管理と地元農家の努力に支えられています。

農家の方々は、果樹の管理や収穫時期に気を配り、良質な巨峰を育て上げています。

また、東御市では地元の農産物直売所や果物狩りの施設などで、新鮮な巨峰を手に入れることができます。

旬の時期には、地元の巨峰を直接味わうことができ、その美味しさを存分に楽しむことができます。

長野県東御市で育てられる巨峰は、甘さとジューシーさが特徴であり、地元の方々や観光客から高い評価を得ています。

ぜひ東御市の巨峰を味わってみてください。

関連記事

  1. サマークリスタルの魅力とは?通販で買える時期を知ろう。
  2. 信州産川中島白鳳桃の魅力とは?
  3. 桃の王様、川中島白桃!最高の桃を誕生の地である長野から通販で。
  4. ワッサー 桃の産地直送!新鮮な桃の魅力をご自宅に
  5. 真っ赤な宝石!さくらんぼの旬を狙う。品種は佐藤錦・紅秀峰、通販で…
  6. 【あんずはハーコットを通販!】旬は?花もキレイ 栄養あり 食べ方…
  7. 【硬い果実ネクタリン】種類や産地、通販でのオススメは?
  8. スイカは野菜!?美味しい西瓜の品種やおすすめ販売時期は?

ピックアップ記事

PAGE TOP